INDIBA®でしか使えない、周波数 0.448MHz

より確かな効果を求めた、独自の周波数。

体の奥までいかに電磁波を浸透させるか、そして細胞のひとつひとつにムラなく働きかけ、組織の修復や活性化を促すことができるか。そのために最適な周波数をINDIBA®は探し、さまざまなトライを重ねました。そしてたどり着いたのが、0.448MHzというINDIBA®独自の周波数です。

効果を高める技術も独自開発、世界特許を取得しています。

0.448MHzの周波数はインディバ®独自のもので、その活用方法は特許も取得しています。温熱、非熱、電流の3作用でより多くの有用性や可能性をもたらす高周波温熱機器、それがINDIBA®です。

■ 0.448MHzの高周波により細胞自体に熱をつくる「深部加温」
■ 鎮静作用や腫脹・むくみなどに有効な「非熱」
■ 0.448MHzの「電流」自体が細胞膜電位の平衡・幹細胞や脂肪細胞に関与

美容、医療、スポーツ、動物で効果を発揮しています。

エステティックをはじめ美容形成・皮膚科のメディカルエステ、統合医療でのアンチエイジング、メタボリック症候群対策、健康寿命増進など高齢者ケア、アスリートの身体能力を強化するスポーツ医学、整骨院など多彩な領域でINDIBA®は確かな実績をあげています。さらに競走馬の体調管理、犬や猫といった小動物の体調維持などにも利用が広がっています。