美と健康のサプライズは、インディバ®から始まった。

細胞に働きかけ、体の中から温める新発想。

1980年代のスペイン、インディバ・スペインのホセ・カルベット氏が新たな発明を成し遂げました。電磁波のエネルギーにより細胞にジュール熱(摩擦熱)を発生させ、体の深部から血流やリンパの流れを改善し、代謝を促進させる高周波温熱器で、それは「INDIBA®」と名付けられました。その温熱効果は医学的にも検証され、これを利用して美容や医療の分野で新たな施術が生み出されました。

インディバ®・ジャパンの歩みと日本のRF施術

優れた効果は、医学論文でも実証されています。

温熱療法として温泉やサウナなど体表面から温める方法がありますが、この方法では熱が比較的短時間で体外に放出されてしまいます。一方、INDIBA® が体の深部に生み出すジュール熱は放熱までに長い時間を必要とするといわれています。その間、血流や代謝が促進され、細胞の活性化も進むことにより、体が本来持っている力を取り戻すことができます。それによる数々の効果は医学論文でも発表され、各方面で確かな信頼を獲得しています。

世界で日本で、INDIBA® は高周波温熱器の代名詞です。

1994年、日本総代理店としてインディバ®・ジャパンが設立され、科学的根拠に基づいた高機能な高周波温熱器としてINDIBA® と、それによる各種の施術がわが国に定着していきました。現在、INDIBA®はフランスやイタリアなどの欧州各国、イギリス、アメリカなどの国々でもINDIBA® は高い評価を獲得しています。